ビジネスの集客力がアップする文章の書き方3つのコツ

ビジネスの集客力がアップする文章の書き方3つのコツ

こんにちは。

コーチ・コンサルなどの個人ビジネスを専門とした、ウェブからの集客を実現するライティングプロデューサーの川畑です。

 

ビジネスにおいて、様々なシーンで文章を書くことを要求されると思います。

僕が専門としているのは、「集客に繋がるライティング」ですので、集客力がアップする文章の書き方をお伝えしたいと思います。

集客のために、いろんな人がブログやメルマガにチャレンジしていると思いますが、このブログやメルマガの基本的な書き方をしっかりと覚え、より多くの人に読んでもらえる文章を書けるようになりましょう。

ということで今日は、文章の書き方、3つのコツをお伝えしていきます。

 

文章の書き方のコツ①:一文は短くする

まず最初にお伝えする、文章の書き方のコツは「一文は短くする」です。

よく、一文がすご〜く長い方がいます。

あまり一文を長くしてしまうと冗長的になってしまい、文章を読むのがめんどくさくなってしまいます。

結果として、長い一文が続いてしまうと読者の離脱になってしまうので、集客ができなくなってしま運ですね。

 

ですから、一文は短く。これを意識しましょう。

そして、たまに長い一文が混ざってくるぐらいがちょうどいいです。

ぜひ、意識してみてください。

 

文章の書き方のコツ②:小学校5年生でもわかる言葉を使う

続いて2つ目にお伝えする、文章の書き方のコツは「小学校5年生でもわかる言葉を使う」です。

たまに、専門用語を乱用する方がいますが、ぶっちゃけそんな文章誰も読みません((((;゚Д゚)))))))

分かりにくい文章を進んで読む人なんて、誰もいないでしょう。

ですから、使う言葉はなるべく、小学校5年生でも理解できる範囲内のものを使いましょう。

 

文章の書き方のコツ③:指示代名詞は極力使わない

最後に3つ目にお伝えする、文章の書き方のコツは「指示代名詞は極力使わない」です。

指示代名詞とは、「これ」「それ」「あれ」といったような言葉のことです。

この指示代名詞を乱用してしまうと、とても分かりにくい日本語が出来上がります。

 

突然指示代名詞が出てくると、読者は

「えっ?文中の“これ”ってなんの意味を指すの!?」

と、なってしまい、「この文章意味わからん!」となります。

すると、読者は記事を読むのをやめてしまいます。

 

つまり、指示代名詞がたくさん使われている文章は、集客ができない文章になってしまうということです。

あなたは知らず知らずのうちに、指示代名詞を使っていませんか?

ぜひ、見直してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 文章の書き方のコツ①:一文は短くする
  • 文章の書き方のコツ②:小学校5年生でもわかる言葉を使う
  • 文章の書き方のコツ③:指示代名詞は極力使わない

これらの書き方を意識するだけでも、とてもスッキリした文章になれ、読まれやすくなります。

ぜひやってみてくださいね。

facebookでコメントする