分かりやすい表現で読者を引き込むための3つのライティング法

分かりやすい表現で読者を引き込むための3つのライティング法

こんにちは。

コーチ・コンサルなどの個人ビジネスを専門とした、ウェブからの集客を実現するライティングプロデューサーの川畑です。

今日は、分かりやすい文章の表現を身につけ、ブログやメルマガで読者を惹きこむための方法について説明していきますね( ´ ▽ ` )ノ

 

文章の表現法1.1記事1メッセージ

まず1番目にお伝えする、読者を惹きこむ文章の表現法は「1記事1メッセージ」です。

「あれっ?文章の表現法じゃないの!?」

と、思うかもしれませんが、そもそも分かりにくい文章を書いてしまう原因の1つに、「何を伝えるべきか」が決まっていない人がとても多いんですね。

ですから、文章の書き方うんぬんの前に、まずはその1つの記事で伝えたいメッセージは何なのか?

これを1つに絞ることがとても重要なんですね。

 

伝えたいメッセージを1つにしぼる。

これが、分かりやすい文章の表現ができるようになるための、第1歩ですよ。

 

文章の表現法2.セリフにする

続いて2つ目にお伝えする、読者を惹きこむ文章の表現法は「セリフにする」です。

「うそ〜ん。」とか、「えっ?〇〇じゃないの?」といったような、感情や疑問などを、そのままセリフにすると、読者にとても伝わりやすいです。

 

僕の場合このセリフをよく使う場面が、読者の疑問を代弁する時です。

読者が納得できないだろう主張を僕がした時は、「えっ?何で?」という読者の頭の中で呟かれるセリフを、そのまま文章にしてしまいます。

そうすると、文章にリズムが生まれるし、読者も食いついて文章の一番下まで読んでくれるようになります。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

文章の表現法3.例え話にストーリーを使う

最後に3つ目にお伝えする、読者を惹きこむ文章の表現法は「例え話にストーリーを使う」です。

例えば、何かノウハウを伝える、主張を述べる、となった時に、読者は読んでいて内容は理解できても、具体的にイメージできない場合がとても多いです。

ブログやメルマガで集客する場合には、このイメージできない状態から、臨場感を持たせるところまで持っていきたいんですよね。

なぜなら、この臨場感が感情を作り出し、行動へと導くからです。

となると、大事なことは、いかに臨場感を与えるかです。

 

そこで、使うのが「ストーリー」です。

情景の浮かぶリアルなストーリーを例えに使うと、読者はぐっと引き込まれます。

ぜひ、臨場感あふれるストーリーを文章で表現できるようになってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • 文章の表現法1.1記事1メッセージ
  • 文章の表現法2.セリフにする
  • 文章の表現法3.例え話にストーリーを使う

ぜひ、取り組めるものからやってみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

facebookでコメントする