あなたのビジネスのファンが集まる、ストーリーマーケティング3つのやり方

あなたのビジネスのファンが集まる、ストーリーマーケティング3つのやり方

こんにちは。

コーチ・コンサルなどの個人ビジネスを専門とした、ウェブからの集客を実現するライティングプロデューサーの川畑です。

「ストーリーマーケティング」という言葉を、ご存知ですか?

ストーリーマーケティングとは、ストーリーの力を活用し、ビジネスや商品の魅力を伝えるための手段のことです。

このストーリーの力は、普通に魅力を伝えるよりも、よりリアルに商品やビジネスの魅力を体験することができます。

その結果として、商品が自然と売れたり、ファンが増えていくので、ぜひストーリーの力を活用したマーケティングを実践してもらえたらと思います( ´ ▽ ` )ノ

というわけで、ストーリーマーケティングのやり方を、3つご紹介します。

 

ストーリーマーケティングのやり方1.自己開示

まず1番最初にお伝えする、ストーリーマーケティングのやり方は「自己開示」です。

自己開示は、パワフルです。

本来であれば人に話したくないような、いわゆる黒歴史を開示すると、そこに強力な共感が集まり、一気にコアなファンが増えるようになります。

黒歴史を開示したことがブレイクスルーのキッカケとなり、大ブレイクをした人は何人もいます。

ぜひ、勇気を持って自己開示してみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

ストーリーマーケティングのやり方2.お客様の未来を語る

続いて2つ目にお伝えする、ストーリーマーケティングのやり方が「お客様の未来を語る」です。

お客様の未来とは、あなたのビジネスに関わったり、商品やサービスを利用することによって、どんな未来がやってくるのかをありありと語りましょう。

この未来があなたにとって、欲しくて仕方ない未来であれば、一気に引き込まれます。

その結果、あなたの商品やサービスが喉から手が出るほど欲しくなります。

ぜひ、あなたの見込み客が欲しくなるような未来を、ありありと語ってみてくださいね。

 

ストーリーマーケティングのやり方3.痛みを感じてもらう

最後に3つ目にお伝えする、ストーリーマーケティングのやり方は「痛みを感じてもらう」です。

これは、2つ目のやり方である「お客様の未来を語る」とは逆で、避けたい痛みをストーリーで語ります。

今見込み客の方が抱えている問題を放置すると、どんな最悪な未来がやってきてしまうのかを、リアルに、痛々しく、生々しく語りましょう。

 

すると、その痛みから避けたいというモチベーションが生まれ、どうにかして解決策を探すようになります。

その解決策があなたのビジネス、商品やサービスであれば、あなたのお客様になってくれるのです。

ぜひ、あなたの見込み客が避けたいと思う未来のストーリーを、克明に描きましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • ストーリーマーケティングのやり方1.自己開示
  • ストーリーマーケティングのやり方2.お客様の未来を語る
  • ストーリーマーケティングのやり方3.痛みを感じてもらう

ぜひ、ストーリーマーケティングを実践してみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

facebookでコメントする