SEO効果を最大化するタイトルの文字数と3つのやり方

SEO効果を最大化するタイトルの文字数と3つのやり方

こんにちは。

ライティングプロデューサーの川畑です。

SEOでブログ集客するには、タイトルは“ものすご〜く”重要です。

どれぐらい重要かというと、人間仕事をしなくちゃお金が手に入らないよね、ってくらい重要な話です。
(あれっ?逆によく分からなかった?笑)

 

検索エンジンを使って何かを調べるとき、タイトルを見たときに「あっ、これ読みたいかも」と思ってもらえなかったら、アクセス数は伸びません。

だからSEOでブログ集客を実現するためには、アクセスを呼び込むタイトル付けって超重要なんですわ。

というわけで、今日はSEOでブログ集客を実現するための「タイトルの文字数」と「3つのやり方」をご紹介したいと思います。

SEOで考えるタイトルの文字数は30文字まで

そもそも、タイトルは30文字以内に収めるのがベストです。

なぜならGoogleの検索結果で表示されるスペースが、30文字ぐらいまでしか表示できない幅になっているからです。

だからこの30文字という制限がかかった中で、どう読者を「読みたい!」と思わせるかが、タイトル作りの勝負所になるわけです。

じゃあ、どうやって作ったら良いの?

ということで、今からSEOで有利なタイトルを作る3つのやり方をご紹介します。

 

SEO上有利なタイトルを作るやり方1.ツールを使う

まず1つ目にお伝えする、SEO上有利なタイトルを作るやり方が「ツールを使う」です。

「えっ?ブログのタイトルを作るのにツールが使えるの!?」

と、もしかしたらあなたは思ったかもしれません。

そう、ブログタイトルを作るのに、とても便利なツールがあるのです。

それが、「ブログ作成支援」というもの。

これはとても便利でしてね、狙ったキーワードを検索窓に入れて検索したら、なんかヒットしそうなタイトルを色々と提案してくれます。

もちろん、参考程度にしかなりませんが、煮詰まった時はとても使えるツールです。

ぜひ使ってみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

SEO上有利なタイトルを作るやり方2.キーワードを左に寄せる

続いて2つ目にお伝えする、SEO上有利なブログタイトルを作るやり方が「キーワードを左に寄せる」です。

30文字という制限の中で、こちらが狙ったキーワードをタイトルの中に入れないと、ヒットされにくくなります。

ですからタイトルの中にキーワードを入れる必要はあります。

 

さらにいうと、文章は横書きの場合、左から右に目を動かして読んでいきますよね。

そのため検索結果に表示されているタイトルも、自然と左側に視線が集まりやすくなっています。

なので、タイトルの左側に想定しているキーワードを寄せておくと、検索ユーザーは「あっ、この記事の内容私に関係ありそう!」と思って、クリックされやすくなります。

ぜひ、意識してみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

SEO上有利なタイトルを作るやり方3.数字を入れる

最後に3つ目にお伝えする、SEO上有利なブログタイトルを作るやり方が「数字を入れる」です。

川畑の場合はよく、「3つの法則」「5つのステップ」「11のやり方」といったように、そのブログの記事で紹介しているやり方を、全部まとめたら幾つになるかを数字にしています。

数字を積極的に入れるだけでもブログタイトルから信ぴょう性を感じるので、クリックしたくなる人が増えます。

数字が入れられそうなところがあれば、ぜひ入れてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

  • SEO上有利なタイトルを作るやり方1.ツールを使う
  • SEO上有利なタイトルを作るやり方2.キーワードを入れる
  • SEO上有利なタイトルを作るやり方3.数字を入れる

どれもとても有効なやり方ですので、ぜひ取り入れてみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

facebookでコメントする