稼ぎ続ける起業家に共通する、あるものとは?

稼ぎ続ける起業家に共通する、あるものとは?

こんにちは!

ライティングプロデューサーの川畑です。

稼ぎ続けるために必要なものはなんだと思いますか?

せっかくこの記事を読んでくれているあなたに、1つ質問があります。

「稼ぎ続けるために必要なものってなんだと思いますか?」

もしこの質問を色んな起業家の方に聞いたら、“集客の仕組み”“セールス力”“企画力”などなど、色んな答えが返ってくるでしょう。

確かにどれも正解かもしれません。

 

しかし、稼ぎ続けるために最も重要なのは、仕組みやスキルではなく「情熱」ではないでしょうか?

情熱が続かない限り、稼ぎ続けるのは難しいです。

逆を言うと、情熱さえ続くのであれば、なんだかんだで着実にビジネスを積み上げていくことができます。

ですから、湯水のごとく湧き続ける情熱が何よりも重要なのです。

 

情熱の源泉とは何か

じゃあ、湯水のごとく情熱が湧き出てくるようにするには、どうすればいいのでしょうか?

結論から言えば、僕は情熱の源泉とは「世の中に伝えたいこと、残したいもの」だと思っています。

 

もちろん情熱の源泉には色々あると思います。

もしかしたら、「人から認められたい」「よく思われたい」という承認欲求が源泉になって、情熱を燃やしてビジネスをしている人もいるでしょう。

それ自体は決して悪いことではありませんし、少なからずみんな持っているものでもあります。

しかし、承認欲求が情熱の大元になってしまうと、ビジネスで稼ごうと思うと、どうしても色んなところで歪みが生じてしまいます。

 

例えば、目の前にクライアントになりそうな見込み客がいるとします。

もし「認められるためにもっと稼ぎたい」という思考を持っていれば、目の前の見込み客がお金にしか見えてきません。

すると、仮にセールスに成功したとしても、クライアントさんになった瞬間に、その人に興味を失ってしまいます。

その結果、セールスの時はものすごく親切そうな人に見えても、実際にサービスを受けてみたら素っ気のない人、という印象になってしまうのです。

当然イメージは最悪です。

お金を払ったのに、それ相応のサービスが受け取れていないと感じるわけですから。

 

このように、稼ぎ続けるための情熱の源泉は、「誰かの役に立ちたい」という与える精神がなくてはなりません。

 

情熱は文章に転写する

当然、そういった情熱の質は文章に転写します。

誰もあからさまに「私は承認欲求を満たしたくて稼いでるの!」という本音は発しません。

ですが、文字と文字の間だったり、微妙な語尾の使い方、(笑)のいれ方などから、その人の承認欲求ちゃんが、漏れてきてしまうんですね。

承認欲求が垂れ流されてくると、人は敏感に感じ取り、離れていきます。

 

そりゃそうですよね。

自分のことしか考えていない人って、普通に考えて嫌われる対象じゃないですか。

逆に誰かの役に立ちたい!という想いで動いている人だったら、その人のところに行きたいって思いますよね。

人間関係で考えたら、ごく自然な話です。

 

あなたの情熱はなんですか?

あなたの情熱は、どこから湧いているでしょうか?

承認欲求でしょうか?

それとも、使命感でしょうか?

 

僕は最初、使命感でずっと起業しているのだと思っていました。

それがある日、実は承認欲求を満たしたくて起業したってことがわかって、もう大ショックでした((((;゚Д゚)))))))

ですがそんな自分を受け入れたら、自然と承認欲求は小さくなっていったのです。

だからあなたには、まず情熱の源泉がどこにあるのか、しっかりと見つめてほしいと思います。

決して、あなたの承認欲求を否定してはいけません。

自己対話をきちんと行って、あなたの胸の奥に眠る使命感を見つけ出してみてくださいね。

facebookでコメントする