あなたが考える、良い文章の定義はなんですか?

あなたが考える、良い文章の定義はなんですか?

「良い文章って、どんな文章ですか?」

 

これを聞かれた時に、あなたはなんと答えるでしょうか?

僕は、良い文章をこう定義しています。

 

『良い文章とは、読者がそれを読んだ後に顔をパッとあげたら、世界の見え方が変わる影響力を持っている文章のことである。』

 

例えば、あなたがメルマガを1本配信してそれを読者が読んだ時に、読む前と後では、目の前の光景は同じはずなのに、全く違う世界に見えてしまうぐらいハッとするような気付きを得られた。

そんな瞬間を作れる文章を、僕は良い文章だと考えています。

 

僕はこんな文章を書いて発信していきたいし、それで1人でも多くの人生が変わるきっかけを作れたら良いと思っています。

 

例えそれが、僕の利益にならなかったとしても。

 

もちろん、僕はまだまだ毎回良い文章を書けるほどの文章力があるわけじゃないです。

でも、集客のためなんかじゃなく、価値のある発信をし続けた結果として、人が集まってくれたら良いと思っています。

 

多分これが、情報発信における究極のマインドセットの1つなんじゃないかな。

いつまでセッションで消耗しますか?

いつまでセッションで消耗しますか?
『週4時間だけ働く』が叶う売上の自動化を実現する方法を
今だけ無料オンラインセミナーで公開しています
川畑 快
193cm自動化マーケター

●2015年、大学卒業を目前にして、自由を求めて内定を手放す。1年後に文才があることが分かり、コピーライターとして起業。

●現在は、コピーライターとマーケティングコンサルタントとして活動中。その人が描く理想を大切にしながら、反応率を最大限まで引き上げるマーケティングを得意としている。また、自身で運営するブログメディアは月間20万PVを超える。

●海外ツールを駆使したマーケティング・オートメーションのスキルを使って、自動でキャッシュを生み出す仕組みの作り方を体系化している。ちなみに動画作りやLP制作も手掛けており、マーケティングに必要なスキルを一通り習得している。

●現在、オンラインビジネススクールを2つ運営中コンサルティングやセミナーでも、言葉の力と分析力の高さを使って論理的に解説。オンラインスクールの受講生から「わかりやすい」と定評がある。

専門テーマ:自動化マーケティング、コピーライティング、SEOライティング、ウェブマーケティング、ウェブデザイン

facebookでコメントする